ABOUT

OUR HISTORY

ハイテックはスカッシュシューズをルーツとして、1974年にイギリスで誕生しました。

78年に発売したハイキングシューズ「シエラ」は、それまで重くて当たり前であったアウトドアシューズに”軽量”という概念を持ち込み人気に。アウトドアブームが到来しつつあった当時の日本でも大きな話題となりました。

以来、高いピークを目指す登山家のためのトレッキングシューズから、外遊びを楽しむためのキャンプシューズまで充実したラインナップを展開。多くのアウトドアファンに愛され続けているアウトドアライフスタイルブランドです。

1974

現名誉会長フランク・ヴァン・ヴェッツェルが、イギリス・シューバーイネス村にハイテック・スポーツ社を設立。
スポーツへの情熱に突き動かされたフランクは、革新的かつ軽量で、履いてすぐに心地良さを実感できるスカッシュ・シューズを開発しました。

1978

アメリカ市場に進出し、山岳スポーツシューズとも言うべき、世界初の軽量ハイキングブーツ「Sierra Sneaker(シエラ スニーカー)」を発売しました。

1981

「Silver Shadow(シルバーシャドウ)」の発売により、ランニング市場を席巻。
この年のロンドンマラソンに参加したランナーの23%がシルバーシャドウを着用していました。

1982

アメリカFBIから直接、軽量で快適な運動用のユニフォームブーツが欲しいとの依頼を受け、「MAGNUM(マグナム)」ブランドが誕生しました。

1990

登山ブーツ「アルチチュード IV」が、アメリカのハイキングブーツ売上No.1を記録しました。
1990年7月、登山家アドリアン・クレーンがアメリカ全50州それぞれの最高峰を101日という記録的短時間で登頂しました。この偉業に敬意を表し、「50 ピーク」ブランドが誕生。アドリアンの支持を受けてコレクション第1号が発売されました。

1992

世界に名高いイギリス・プレミアフットボールリーグの第1シーズンで、52人の出場選手がサッカーシューズ「Kings Cup(キングスカップ)」を紹介しました。
キングスカップはベストセラーとなり、ハイテックのスポーツ界における揺るぎない地位が証明されました。

1995

ハイテックがウィンブルドン・テニス選手権の公式シューズとなりました。

1996

ハイテックの2つのルーツであるスポーツとアウトドアを統合した、まったく新しいマルチアクティブ・イベント「ザ・アドベンチャー・レーシング・シリーズ」をアメリカで開催されました。
各チームが、トレイルランニング・カヤック・マウンテンバイクの他に、目隠しパズル・糸結び・泥中のほふく前進などの一連の競技をこなしながら、4,5時間かけてゴールを目指しました。

2007

プロゴルファーのパドレイグ・ハリントンが最新技術を駆使した「CDTゴルフシューズ」を着用し、全英オープンと全米プロで優勝しました。
CDTは、実際に試合成績が上がる世界初のゴルフシューズとなりました。

2010

「Liquid Mountaineering 」と題したムービーをネット配信。
口コミで広がり1500万人が閲覧したこのムービーは、2011年にフランスでカンヌ・ライオンズ国際クリエィティビティ賞を受賞しました。

2013

超軽量マルチスポーツ・シューズ「Zuuk」が、イギリスのアウトドア月刊誌「The Great Outdoors」が選ぶ2013年履物部門優秀商品賞を受賞しました。
同年、ハイテックはイギリス履物業界が選出するアウトドア履物ブランド最優秀賞を受賞しています。

2014

創業40周年を記念し、オリジナルのスカッシュ・クラシックからインスパイヤーされた「Classic74」を発売しました。
この年よりハイテックは、毎年4万5千人以上の参加者がオランダ・ナインメーヘンを4日間で最長200キロ歩行する、世界最大のウォーキング大会「ナイメーヘン国際フォーデーマーチ」の公式スポンサーとなります。

2015

世界スカッシュ・チャンピオンに3度輝いた、ハイテックの契約選手ニック・マシューが、イギリスのアン王女より大英帝国勲位を賜りました。